基礎知識

【必読】もしもアフィリエイトで提携解除の危機!楽天・Amazonの口コミを抜粋する時の注意点!

楽天・Amazonアフィリエイト記事では、ショッピングサイトから商品の口コミを抜粋して紹介することが多いですよね。

私がサポートしている方で、口コミの抜粋の仕方に関して「もしもアフィリエイト」さんから指摘を受け、サイト提携を解除された方がいらっしゃいます。

そこで今回は、口コミを抜粋する際にASPから指摘を受けない正しい引用タグの使い方をお伝えします。

実は私も、お恥ずかしながら今回サポート生さんからご連絡をいただいて色々と調べるまで、正しい口コミの引用方法を知らなかったんです><

今まで200名ほどの方をサポートしているのですが、この正しい引用方法ができている方はおそらくいないです。

口コミの引用方法が誤っていてサイトを削除された方は、私がサポートを初めてから半年間で2人だけなので、「運が悪かった」とも言えるのですが、裏を返せばあなたのブログにも、私のブログにも明日にでも警告が来る可能性はゼロではありません><

楽天・Amazonアフィリエイトではもしもアフィリエイト経由でAmazonと提携されている方が多いと思います。

あなたのブログのアマゾン報酬を守るためにも、ぜひこの記事でお伝えする正しい引用方法を使って記事を書いてくださいね。

念のため、過去記事も修正されることをおすすめします。

もしもアフィリエイトから届いたメール

もしもアフィリエイトからはこんなメールが届きました。

大変恐縮ではございますが過日もしもアフィリエイトにご登録頂きました下記サイトの登録を削除させて頂きましたのでご報告申し上げます。

・サイト名:(ひみつ)

・ご登録URL:(ひみつ)

・登録削除理由:

掲載許可のない口コミ掲載は著作権侵害の恐れがあります。引用元を表記してください。
ご自身でアンケートを取るなど独自調査をされた場合には返信という形でご連絡ください。
また引用する場合、改変はNGです。

つまりは

「口コミの引用元がわからないから、登録サイト削除したよ」

ということです。

 口コミの引用方法

もしもアフィリエイトから指摘を受けたNG引用

もしもアフィリエイトから「許可のない口コミ掲載」と警告を受けた口コミの引用方法はこちら。

例えば、ブルーノのブレンダーを紹介するとしますね。

 

↓ブログ記事の一部の例↓

この商品にはこんな口コミがありました♪

デザインについて

  • キッチンにおいてあるだけでテンションが上がります。
  • マカロンカラーが可愛いです。

音の大きさについて

  • 思ったより音は大きいですが、長時間使うものでもないので気になりません。
  • 氷を砕く時だけ音が気になります、そのほかは大丈夫でした。
  • 音が大きくて子供が起きてしまった

パワーについて

  • あまり期待していなかったので予想以上のパワーにびっくり!みじん切りも一瞬でできます。
  • 5秒もかからずとろとろの離乳食が作れます♪
  • 人参やりんごまるごとなどは難しいですが、おおむね満足です。

こんな風に、口コミを抜粋して掲載するのは、引用元を書いていない!ということでNGになってしまうんです!!

楽天・Amazonアフィリエイトをしていると、こんな感じで口コミを書くことが多いですよね。

私自身も今までこういう風に書いていました・・・><

著作権侵害の恐れが無い口コミ引用方法

「引用タグ」を正しく使い、引用元を記載して口コミを掲載するのが正しい方法です。

 

<blockquote></blockquote>

このなかに文言を入れて、引用元を明記した上でリンクを貼るのが、口コミの正しい引用方法になります。

このブログで引用タグを使うと

なにより、この方法で冒頭文を書くと、書くことが決まっているので迷いません★

出典:ゆるぶろ!

このようになります。(口コミではないですが^^;)

 

口コミ部分を引用する際に注意していただきたいのが

  1. ボリューム(引用タグに入れる文字数)は全体の20%以下にする
  2. 口コミを全てまとめて引用タグに入れるのではなく、一件ずつ引用タグに入れて出典を明記する

この二点です。

(1)に関してはわかりやすいと思いますので説明を省略しますね。

 

(2)に関しては、複数の口コミをまとめて一つの引用タグに入れるのではなく、一件ずつ引用タグに入れるのが正式なやり方です。

正しく引用するとこうなります。

この商品にはこんな口コミがありました♪

デザインについて

キッチンにおいてあるだけでテンションが上がります。

出典:楽天市場

マカロンカラーが可愛いです。

出典:楽天市場

音の大きさについて

思ったより音は大きいですが、長時間使うものでもないので気になりません。

出典:楽天市場

氷を砕く時だけ音が気になります、そのほかは大丈夫でした。

出典:楽天市場

音が大きくて子供が起きてしまった

出典:楽天市場

パワーについて

あまり期待していなかったので予想以上のパワーにびっくり!みじん切りも一瞬でできます。

出典:楽天市場

5秒もかからずとろとろの離乳食が作れます♪

出典:楽天市場

人参やりんごまるごとなどは難しいですが、おおむね満足です。

出典:楽天市場

このように、口コミひとつずつを引用タグに入れるのが正式な引用方法です。

記事内で口コミを紹介する場合は、上記の方法で行いましょう。

 

引用タグを使えばコピーコンテンツとみなされませんし、引用部分が記事の20%以下になるようにすればSEO上のデメリットもないそうです。

(引用方法に関しては、サイトアフィリエイトの塾の講師も務めているSEOのプロMEGAさんに教えていただきました。MEGAさんありがとうございます^^)

もしもアフィリエイトで口コミの引用元を記載せずサイト削除された場合の対処法

指摘された口コミ引用部分を直して、再申請して改善したと認められれば再度サイト登録が可能です^^

ただ記事数が多い場合、過去記事を全てリライトするのは結構大変ですよね・・・

とりあえずは、他のASP経由で提携して収益を確保するのがおすすめです。

もしもアフィリエイト以外でショッピングサイトと提携可能なASP

今の所はもしもアフィリエイト以外のASPで、「口コミの引用元がない」指摘を受けた話は一回も聞いたことがありませんが、将来的に指摘を受ける可能性もゼロではありません。

ですので他のASPと提携して収益も確保しつつ、過去記事を少しずつで良いのでリライトしていく方が安心です^^

Amazonとの提携に関しては、Amazonアソシエイト(本家)だと【リンクを作成した後180日以内に3件以上の売上が上がった後に提携審査に入る】と、収益化のハードルは高めです。

まずはバリューコマースでAmazonと提携して、安定して発生するようになったらAmazonアソシエイトのリンクに張り替えるといいですよ。

楽天・Amazon・Yahooショッピングのリンクを同時に貼れる「Rinker」というプラグインがとても便利でおしゃれなので、ぜひ使ってみてくださいね。

Rinkerで楽天・Amazon・Yahooショッピングの報酬まるごとゲット
【Rinkerの設定方法】楽天・Amazon・Yahooリンクを同時に貼って報酬アップ!Rinkerというプラグイン(無料)を使って、楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング・公式サイトのリンクを同時に貼って、物販の収益...

楽天・Amazonアフィリエイトのノウハウを出し惜しみなく配信中♪

初心者さん大歓迎です★

↓ メルマガのご登録をお待ちしています^^ ↓